東北地方・北海道の特許出願など補助金・助成金一覧

【注意】応募期限を過ぎているものもありますので、ご注意ください。
10/12更新 ・「中小企業外国出願支援事業」の公募結果と第3回募集について

青森県
平成30年度中小企業等外国出願支援事業
対象者: 日本に出願済み案件を外国出願する予定である青森県内の中小企業等、若しくは日本に地域団体商標の出願済み案件を外国で商標出願する予定である商工会、商工会議所、又はNPO法人 
補助対象: 外国特許庁への出願料、国内・現地代理人費用、翻訳費用等
補助内容: 助成対象経費の1/2(上限30~300万円)

秋田県
「中小企業外国出願支援事業」の公募結果と第3回募集について
対象者: 外国特許庁へ特許等の出願を行う中小企業者
補助対象: 外国特許庁への出願料、国内・現地代理人費用、翻訳費
補助内容: 助成対象経費の1/2(上限60~300万円)

岩手県
中小企業等外国出願支援事業
対象者: 日本国特許庁に対して特許、実用新案、意匠又は商標出願済であって、かつ年度内に外国特許庁等へ同一内容の出願を行う者であって、中小企業者、又は中小企業者で構成されるグループ
補助対象: 外国特許庁への出願料、国内・現地代理人費用、翻訳費等
補助内容:助成対象経費の1/2(上限30~300万円)

福島県
特許出願経費等助成事業
対象者: 日本国特許庁へ特許、実用新案、意匠、又は商標の国内出願を行う場合、もしくは産業財産権取得、研究開発に資するための先行技術調査を行う者であって、中小企業者またはそのグループ
補助対象: 弁理士等への報酬、日本国特許庁費用、及びその他の経費(電子化手数料等)、並びに先行技術調査に係る費用(弁理士等への報酬及びその他の経費)
補助内容: 助成対象経費の1/2(上限15~30万円)
福島県中小企業外国出願支援事業
対象者: 外国特許庁へ特許等の出願を行う者であって、中小企業者またはそのグループ
補助対象: 外国特許庁への出願手数料、現地代理人費用、国内代理人費用、及び翻訳費用
補助内容: 助成対象経費の1/2(上限30~300万円)

宮城県
宮城県中小企業等外国出願支援事業
対象者: 日本国特許庁に対して特許、実用新案、意匠又は商標出願済であって、かつ年度内に外国特許庁等へ同一内容の出願を行う者であって、中小企業者及びそれらの中小企業者で構成されるグループ
補助対象: 外国特許庁に出願するための経費(外国特許庁への出願手数料、国内・現地代理人費用、翻訳費用等)
補助内容:助成対象経費の1/2(上限30~300万円)

山形県
平成30年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金
対象者: 外国への特許、実用新案、意匠又は商標出願を予定している者であって、中小企業者、中小企業者で構成されるグループ、又は地域団体商標の外国出願を予定している商工会議所、商工会、NPO法人等
補助対象: 外国特許庁への出願料、国内・現地代理人費用、翻訳費用等
補助内容: 助成対象経費の1/2(上限30~300万円)
中小企業等外国出願支援事業
対象者: 外国へ特許、実用新案、意匠又は商標を出願する中小企業
補助対象: 外国特許庁への出願料、国内・現地代理人費用、翻訳費用等
補助内容: 助成対象経費の1/2(上限30~150万円)

北海道
中小企業等外国出願支援事業
対象者: 中小企業者で構成されるグループ 、地域団体商標については、事業協同組合、商工会、商工会議所、NPO法人 ※事業を営まない個人は対象外です
補助対象: 外国特許庁への出願料、国内・現地代理人費用、翻訳費用等
補助内容: 助成対象経費の1/2(上限30~300万円)

○作者コメント
・本コンテンツを改良、変更、又は応用したコンテンツについて、本投稿のコメント欄に投稿して頂けると嬉しいです。
・本コンテンツについては、業としての利用を含み、自由に改変、複製、譲渡、公衆送信、及びその他の利用行為を行うことを許諾します。ただし、公序良俗に反する態様での利用行為については禁止します。
・私は、上記許諾範囲内において、本コンテンツに係る著作権、著作者人格権、及びその他のいかなる権利も行使しないことを約束します。
・本コンテンツ又は本コンテンツを改変などしたものの利用については、利用者が一切の責任を負い、作者は当該利用によって生じた結果についていかなる責任も負いません。

2+

コメントする