利用規約

IP DICT利用規約

1.サービスの提供及び料金
 「IP DICT」(以下、本サービスという)の利用者(以下、「利用者」という)は、本利用規約に同意することを条件に本サービスを無料で利用できるものとし、本サービスを利用することをもって本利用規約に同意したものとみなす。
 ただし、通信料及びその他の本サービスを利用するために生じる費用については、利用者が負担するものとする。

2.利用規約の変更
 本サービスを提供する「IP DICT運営事務局」(以下、「事務局」という)は、利用者にあらかじめ通知することなく且つ許諾を得ることなく、いつでも本利用規約を変更できるものとし、利用者はこれを異議なく同意するものとする。
 また、利用者は、本利用規約の変更後に本サービスを利用した時点で、変更後の本利用規約に異議なく同意したものとみなす。

3.サービス内容の保証
 事務局は、本サービスの内容について、瑕疵及びその他の不備がないことを保証しないものとし、故意または重過失の場合を除き、本サービスの利用によって利用者が被った一切の損害に関して責任を負わないものとする。

4.サービス内容の変更
 事務局は、利用者にあらかじめ通知することなく本サービスの内容若しくは仕様を変更し、又は本サービスの提供を停止若しくは中止できるものとする。

5.サービスの利用制限
 事務局は、利用者が反社会的勢力の構成員(過去に構成員であった者を含む)およびその関係者であった場合、または利用者がサービスを悪用したり若しくは第三者に迷惑をかけたりした場合(一例として、誹謗中傷、わいせつ・不快な趣旨の投稿、又は第三者の権利を不当に害する内容の投稿をした場合)は、当該利用者の承諾を得ることなくそのご利用を制限できるものとする。

6.利用登録
 利用者は、アカウント登録をした後に本サービスを利用することができる。事務局は、利用者が過去に本規約に違反していた場合、利用者が不正な手段をもって登録した場合、利用者が他人の情報を登録している場合、及びその他の不適切な登録であると判断した場合には、登録されたアカウントを抹消することができる。
 また、事務局は、利用者が登録したメールアドレスに連絡事項の告知、広告、及びその他の情報提供を行うことができる。

7.アカウント及びパスワードの管理
 利用者は、アカウント登録の際に入力した情報(以下、「自己登録情報」という)を、自己の責任の下で管理するものとし、自己登録情報を第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更若しくは売買してはならない。事務局は、自己登録情報の紛失などによって利用者が被った一切の不利益および損害に関して、責任を負わないものとする。
 また、自己登録情報を利用して本サービスが利用された場合、アカウント登録を行った利用者本人が本サービスを利用したものとみなされ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任は、アカウント登録を行った利用者に帰属する。

8.本サービス利用にあたっての順守事項
 本サービスを利用する際に、利用者は以下に定める禁止行為を行ってはならない。また、事務局は、禁止行為を行った利用者のアカウント抹消、利用停止、投稿内容の全部若しくは一部の削除、及び公開範囲の制限等の措置を採ることができる。但し、事務局は、これらの措置をとる義務を負うものではなく、これらの措置を講じた理由を開示する義務を負わない。
 (1)日本国、または利用時に所在する国若しくは地域の法令に違反する行為(権原又は正当な理由なく、第三者の肖像権、著作権、特許権、実用新案権、意匠権並びに商標権等の知的財産権、その他の権利を侵害する行為、及び侵害する恐れのある行為を含む)
 (2)社会規範・公序良俗に反する行為、他人の権利を侵害する行為、及び不適切な投稿(一例として、明白な虚偽、誹謗中傷、わいせつ・不快な・差別的な趣旨の投稿、又は第三者の権利を不当に害する内容の投稿)をする行為
 (3)許諾なく他人の個人情報(直接又は間接的に個人を特定できる情報)を投稿する行為
 (4)本サービスを、本来の目的とは異なる目的で利用する行為
 (5)他人の自己登録情報を使用して本サービスを利用する行為
 (6)反社会的勢力に直接又は間接的に利益を提供する行為
 (7)マルウェア(コンピュータウィルス)等の有害なデータを送信又は投稿する行為

9.アカウントの削除
 利用者は、自らのアカウントを削除することによって、本サービスの利用を終了することができる。

10.利用者のデータおよび投稿コンテンツ
 利用者が入力したデータ及び投稿したコンテンツ(以下、「投稿コンテンツ」という)について、事務局はバックアップの義務を負わないものとする。
 また、事務局は、投稿コンテンツの内容について一切責任を負わないものとし、その正確性も保証しない。さらに、第三者の権利を侵害する等、利用者と第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該利用者の費用と責任において紛争を解決するものとし、事務局は一切の責任を負わないものとする。
 さらに、投稿コンテンツについて第三者から苦情又は意見が寄せられた場合、事務局は、利用者にその旨を通知して当該第三者との協議を要請できるものとする。

11.投稿コンテンツの利用
 投稿コンテンツ及びそこに含まれる著作物について、利用者は、事務局に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(一例として、複製及び翻案)する権利を許諾したものとみなし、著作者人格権(一例として、同一性保持権及び氏名表示権)を行使しないものとする。

12.投稿コンテンツの削除及び編集について
 事務局は、本サービスを適正に運営するために、あらかじめ利用者に通知することなく、投稿コンテンツの一部若しくは全部を削除又は編集できるものとする。

13.免責事項
 事務局の債務不履行責任は、事務局の故意または重過失によらない場合には免責されるものとする。

14.連絡又は問い合わせ
 利用者が事務局へ連絡又は問い合わせする場合には、事務局が指定するメールアドレス宛にメールによって連絡又は問い合わせするものとし、事務局は、原則としてメールのみで回答するものとする。

15.個人情報の取得
 事務局は、生存する特定の個人としての利用者を識別できる情報(以下、「個人情報」という)を、以下の場合に取得できるものとする。
 (1) 本サービスの利用を通じて、直接的又は間接的に利用者から提供される場合
 (2) 本サービスの利用又は閲覧に伴って自動的に取得される場合
 (3) 利用者の同意を得た場合など、適法に取得する場合

16.個人情報の利用
 事務局は、以下の目的のために、取得した個人情報を利用できるものとする。
 (1) 利用者に本サービスを提供する行為
 (2) 利用者に自らの個人情報を通知するため
 (3) 利用者に本サービスに関する情報を通知するため
 (4) 本サービスの安全を確保するため
 (5) 本サービスの改善又は改良するため
 (6) 本サービスの利用状況を調査又は分析するため

19.個人情報の提供
 事務局は、以下の場合に、取得した個人情報を第三者に提供できるものとする。
 (1) 法令で認められた場合
 (2) 利用者の同意を得た場合
 (3) 特定の個人を直接的に識別できる情報を除外した上で、調査、研究又は分析のために提供する場合

20.準拠法、裁判管轄
 本利用規約の成立、効力発生、及び解釈にあたっては日本法を準拠法とする。
 また、事務局と利用者との間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
以上